自費治療のすごさ|歯は命!だからこそ歯医者の治療は受けるべき【場合によってはインプラントも検討しよう】

日本人は歯に対する意識が薄い

小さいうちから歯科矯正をしたり、フッ素塗布で虫歯の予防をしたりなど日本に比べて海外は歯への意識が高いように感じます。ただ、最近は一般歯科も矯正や審美歯科に力を入れるようになったため、見られて恥ずかしくない歯にしたい人が集まっています。その治療法を一つずつ紹介します。

自費治療のすごさ

歯

見た目&歯の機能を守る治療

バラバラに並んだ歯や出っ歯を治すのは矯正が有効です。目的は見た目をよくすることですが、しっかり噛めるお口づくりのためでもあります。小児矯正の場合、低学年から中学校に上がる前の育成期間を元に治療計画を立てて、成人矯正の場合は抜歯の必要性を検査で調べた後、治療を行ないます。矯正をすることで、バラバラの歯が整い見た目が良くなり、さらにはかみ合わせが改善されるので顎の痛みや発音がしやすくなります。逆に歯並びが悪いまま放置すると、肩こりや首の痛み、歯磨きがうまくできず虫歯になる、かみ合わせのずれによる頭痛を引き起こすことがあります。しかしこれの症状は、阿倍野の歯科で矯正治療をすることで改善するので歯並びが原因の不調は矯正で治しましょう。

印象が変わる

笑った時、人と話をする時、クリーニングされた歯だったらその人の印象はだいぶ違ってきます。自信に繋がり、人と話すことに抵抗を感じなくなるでしょう。また、阿倍野の歯科で受けられる審美治療においては、長い間白い歯を維持できるオールセラミックが人気です。秘密は、唾液を吸収させない特殊な構造にあり、年に2.3回のメンテナンスだけで美しいままキープできます。それも、天然歯との違いが判らない程自然なので、治療の痕跡を残したくない人に最適な治療でしょう。また、ホワイトニングも、口元の印象がアップするのでおすすめですよ。

進化した入れ歯

欠損箇所にはめる入れ歯には痛み、外れる、異物感があるなどの問題があります。インプラントで歯を手に入れることも可能ですが、費用や事情があり治療ができないという方もいるでしょう。そうなれば、入れ歯を選択するしか方法がない場合もあります。昔の入れ歯は金具が目立つ上に、見た人も入れ歯だとすぐわかるくらいの容姿でした。しかしより進化した入れ歯は、餅やせんべいをバリバリ噛むことができ、大きな口を開けて笑っても簡単に外れません。これもピタッと吸いつく吸引力のお陰でしょう。バネがないので取り外しが簡単、しかも入れ歯だと自分で言わない限り気づかれないので見た目を気にする人からは高く評価されています。保険適用外なので値段は従来の入れ歯より倍しますが、それ以上の質の良さは確実にあるでしょう。

広告募集中